陰部のにおいは食事にも関係するの?

 

こんにちは、陰部の臭い対策.bizサイト運営者のちえみです(^^)

 

 

陰部の臭いは食べ物も関係していると言われています。陰部だけがひとり歩きをしているわけではないので体臭といったほうが正確かもしれませんね。

 

 

 

私は、アルコールが好きなのですが、アルコールは刺激物の部類なので飲み過ぎは禁物です!残念デス^^;

 

 

 

普段食べているもので、意外なものが臭いを強くするものがあったりします。陰部(体臭)が臭くなる食べ物をみていきたいと思います。

 

 

陰部(体臭)が臭くなる食べ物って?

 

 

 

陰部,臭い,におい,食事,デリケートゾーン

 

  • 野菜
  •  

    臭いの元となる食材に野菜があります。野菜は臭いの改善に入る部類なのですが、サラダ好きの方はこの食材に気をつけてください。

     

    ブロッコリー/キャベツ:アブラナ科の野菜は硫黄混合物を多く含み、強い刺激臭があります。
    アスパラガス:アスパラガスの中にはチオアルコールという成分がふくまれており、体内の消化酸素によって分解され、においのきつい化学物質を、汗と尿から排出します。

     

     

  • 辛いもの
  •  

    辛いものが臭いの原因になるのはわかるような気がしますね。発汗作用があるため、全身に汗をかきやすくなり、その汗と空気中の雑菌が臭いの元になります。

     

  • 赤身肉
  •  

    赤身肉は美容にとっては低カロリーなうえ、貧血予防に必要な鉄分、脂肪燃焼を促すL-カルニチンという女性に嬉しい成分がたっぷりなのでいいのですが、『臭い』に関しては毛穴を通して悪臭になります。

     

    どうやら腸に残ってしまった消化しきれなかった肉のカスが腐敗して、悪臭の原因になるようです。

     

  • ジャンクフード
  •  

    ジャンクフードとは栄養価のバランスを著しく欠いた食品のことを指します。砂糖、小麦粉、油、そして食品添加物がたっぷり入っている食材は汗のにおいを引き起こします。

     

  • アルコール類
  •  

    アルコールの飲み過ぎは過剰な汗の原因になり、ニオイの元になってしまいます。アルコールが体内で代謝する際、アセトアルデヒドという成分が生成され、それが皮膚から排出されるため臭います。

 

これらの他にもニンニクやスパイス、乳製品などがあります。こうしてみると普段食べているものばかりなので、過剰に摂取するのは控えたほうがいいということですね。

 

 

陰部の臭い対策になる食材はあるの?

 

 

陰部,臭い,におい,食事,デリケートゾーン

 

ザックリ言うと、※抗酸化作用のある食材ということです。抗酸化作用のある食材というのは、からだのサビをとってくれる食品になります。サビる(酸化)というのは、くぎが錆びた(酸化)イメージ、むいたリンゴが赤くなっていくという感じでしょうか。
※サビ(酸化)の発生を抑える作用のことを、抗酸化作用といいます。

 

 

からだがサビる(酸化)とニオイ物質である脂肪酸を増やします。嫌な臭いを発することになります。そこで積極的に摂りたいのが抗酸化作用のある食材ということになります。

 

  • 酸化を抑える成分《ビタミン
  •  

     

    ベータカロチンやビタミンE、ビタミンCなどが抗酸化ビタミンと呼ばれているものです。

     

    ベータカロチン:ニンジンやホウレンソウ、カボチャ、トマトなど色の濃い野菜
    ビタミンE:ゴマやナッツ、オリーブオイルなど
    ビタミンC:レモンやオレンジなどの柑橘類や緑黄色野菜

     

     

  • 酸化を抑える成分《カテキン》
  •  

    一般的にカテキンといえば「お茶」の渋み成分のことをさし、緑茶に多く含まれています。

     

  • 酸化を抑える成分《ポリフェノール》
  •  

    ポリフェノールといえば一時ブームになった赤ワインがあります。その他セロリ・パセリ・ピーマン、茶・リンゴ果皮・玉ねぎ、大豆・カカオなどがあります。

 

まとめ、陰部(体臭)が臭くならたいために

 

陰部(体臭)が臭くなる食べ物、その臭いを抑える食べ物があるわけですが、これらを全部覚えるのはムリですね。いちいち考えて食べていてはストレスが溜まってよけいにクサくなります^^;

 

ポイントをまとめてみました。

  • 動物性脂肪の食品を控える(肉類)
  •  

  • ジャンクフードを控える(インスタント食品・ポテチ)
  •  

  • アルコールの飲み過ぎに注意
  •  

  • 辛いもの、ニオイの強い食品を控える

 

 

食事に関しては過剰摂取はしない、食べすぎないということでしょうか。また、腸内環境をよくする、便秘をしないということです。便秘は腐った生ゴミを持ち歩いている状態ですので、臭いの元になる可能性があります。

 

 

食べすぎていた食材があれば、意識して少しづつ減らして、陰部の正しい洗い方や普段の臭いケアをする事で改善が可能です。

 

 

  • バスタイムではデリケートゾーン専用の石鹸に変える。
  •  

  • お出かけ時にはデリケートゾーン専用のクリームで汗と臭いをケアする。
  •  

  • 蒸れなうように下着を通気性の良いものにする。
  •  

  • 膣内は洗ってはダメ!膣内洗浄を行う。

 

 

 

トップへ戻る