クンニしてくれない彼、その男の本音とは?

 

こんにちは、陰部の臭い対策.bizサイト運営者のちえみです(^^)

 

私は、ワキガ体質のため人一倍「ニオイ」には気をつけています。最初は、「ちょっと今日は臭うかな~」なんて感じでしたが、妹に「なんかね~、いつもじゃないんだけど、何とも言えない臭がする。すっぱいというか、なんというか」と体臭のことを指摘され、「すっぱいって(゜o゜; 私、腐ってる?」

 

汗の匂いとは違うのかな?ということから調べていくうちに、自分はワキガ体質だということに気づきました。そしてワキガ体質の人は、「すそわきが」という陰部のワキガになる可能性もあるということで、陰部のニオイ対策に乗り出しました^^;

 

 

クンニしてくれない彼、まさかの理由

 

 

クンニしてくれない彼,すそわきが,臭い,対策,デリケートゾーン

 

女の人って、男の人の体臭から遺伝子レベルでの相性のよさを判別する能力があるらしいです。嗅ぎ分けるって感じですね。男性は男性で、“女性のフェロモン”を嗅覚で感知しているらしいです。

 

 

だから体臭は好きな人のニオイだから基本的には、「好きな匂い」ということになります。こうしてみると、「体臭(におい)」って大事なんですね。

 

 

もし、「あそこがクサイ」なんて彼から言われたらどうします?絶対にイヤですよね~。というか、傷つきます(T_T)

 

 

女性器のにおいは、場所が場所だけに甘く、いい匂いがするところではないのでよりケアが必要になるところですね。

 

 

あまり女性同士でセックスの話はしないと思うので、自分の感覚でしかわからない部分もあり、人ってどうなんだろうと調べてみました。

 

 

彼がアソコを舐めてくれなかったり、ささっと済ませて「即挿入」「フェラは求めてくるのに、クンニしない」というエッチの状態だと女性は毎回のごとく不満が残りますよね。

 

 

でも、「舐めたくないな……」という最大の理由は、「陰部のニオイ!」

 

 

男性は少なからずとも女性に「いい匂いがする」というイメージがあるので、ファッションもメイクもばっちり!、顔もかわいい!でも「あそこが臭い!」では避けるしかなくなります。

 

 

 

陰部のニオイの原因を知ろう

 

クンニしてくれない彼,すそわきが,臭い,対策,デリケートゾーン

 

女性の陰部は排泄・生理・おりもの、汗で蒸れるなどその環境はまさに臭い原因だらけです。

  • 原因その1 汗やムレ《菌の繁殖によるもの》
    • 汗をかくと汗臭くなりますが、汗自体は無臭だそうです。それではなぜ臭うかというと皮膚の上に存在する微生物の常在菌という菌が汗をエサとしてクサい臭いを放出します。
    •  

    • 常在菌とは?

      健康な人の身体に日常的に存在する微生物(細菌)のことをいいます。皮膚表面や毛穴の中に、約20種類、数百億個の常在菌が生息しています。働きとしては皮膚のバリア機能を保ちます。

  • 原因その2 生理中 《菌の繁殖によるもの》
    • 生理時の経血は、子宮内膜や膣からの分泌物などに血が混じっています。排出されたばかりの経血は無臭ですが、空気に触れ時間が経つとともににおいが発生します。生理中のアノいやなにおいは、雑菌が繁殖することで起こります。

  • オリモノ
    • おりものは膣や子宮の出口で作られる分泌物が混ざったものです。卵胞ホルモンの分泌と関係があり、生理前後や排卵時に量が増えます。

      おりものは雑菌が膣内に侵入したり、繁殖するのを抑える働きをしています。しかし、雑菌が繁殖する場所なので、不潔にしていると不快な臭いが発生します。
      また、ストレスや体調不良、抗生物質の服用、洗いすぎなども原因になります。

  • 原因その4 すそわきが
    • 陰部のわきがを「すそわきが」と呼びます。ニオイの原因は「アポクリン汗腺」から出る汗で、アポクリンの成分を好む雑菌が不快な臭いを発生させます。

      アポクリン汗腺は、性的興奮によって刺激されやすく、エッチの時にニオイが強くなります。

  • 原因その5 膣内の過剰洗浄
    • 膣洗浄を行うことで、おりものなどによる汚れを洗い流せたり、生理が終わる頃の残留経血を早めに洗い流せることで清潔を保てます。

      膣内は、常に存在する乳酸菌(常在菌)の作用で酸性に保たれているために、雑菌の侵入を自ら防ぐ働きをしています。過剰に洗ってしまうと雑菌の侵入を防げなくなり、性感染症に感染しやすくなったりします。

  • 原因その6 病気・感染症
    • ニオイの予防ケアをしても強いニオイが取れない、改善しない場合には、病気や感染症が原因となっている事があります。

      黄色っぽい「おりもの」の増加、悪臭のする泡状のおりもの、激しい痛み、外陰部や腟のかゆみなどの症状がある場合は病院に行くことをおすすめします。

  • 原因その7 アンダーヘア(VIO)の処理をしていない
    • すそわきが(陰部のわきが)だった場合、不快なニオイを遠くまで拡散させる役割をするのはアンダーヘアです。(脇毛も同じです。)毛を処理することによって、不快なニオイも軽減できます。

 

安心して彼とのラブタイム|陰部のニオイ対策はこうしよう!

 

クンニしてくれない彼,すそわきが,臭い,対策,デリケートゾーン

 

私は、不快なニオイから開放されて、彼とのラブタイムを安心して楽しみたい!という想いから「コレがいいよ!」という対策をしてきた結果、今では気が楽になりました。

 

はじめにやったことは、毎日入るお風呂での対策と外出時にする対策です。

 

お風呂での対策

 

お風呂は毎日入っているし、アソコも必要以上に洗っていました。気になる部分はやはりガシガシと洗いますよね。ところが、陰部の洗い方があるなんて知らなかったので、上から洗う程度で、あとは石鹸を流して終わりという感じでした。

 

 

ところがそれでは汚れが落ちてはいないようです。また、洗いすぎもダメ!ということなんです。

 

 

クンニしてくれない彼,すそわきが,臭い,対策,デリケートゾーン洗うときのコツ・注意点

    • 洗いすぎない
      • 洗いすぎによるダメージや傷で、雑菌が増える

    • 膣の中まで洗わない
      • 弱酸性で保たれていた膣の環境バランスが崩れて、雑菌が増殖しやすくなる可能性がある

    • かならず保湿をする
      • 保湿をすることによりダメージによる雑菌の繁殖をおさえられます。

     

    詳しくは⇒アソコがクサくならない正しい洗い方

     

     

    いつも使っているボディソープは陰部も洗えるものに変えました。「えっ、普通のボディソープは洗えないの?」と思いますよね。私もそう思いました。それでは何で洗うのということになります。

     

     

    陰部を洗う石鹸類は、弱酸性のものを使ったほうがいいとされています。一般的な身体用の石鹸は、アルカリ性のため、デリケートゾーンには刺激が強過ぎるためと膣に必要な良い細菌まで退治してしまいます。

     

     

    ここでまた疑問が湧きました。TVでさんざん弱酸性ボディソープとCMしている商品がありますよね。「あれはどうなの??」と私は思ったのです。

     

     

     

    「弱酸性ならいいんだよね」と? ところが多くの洗剤は酸性条件では洗浄力が鈍ってしまう性質があるため、強力な洗浄剤が配合されているようです。

     

     

     

    通常、健康な肌で敏感部分でなければ問題ないようです。ところが陰部は皮膚も薄いし敏感部分なので陰部専用(デリケートゾーン専用)のボディソープが必要になるわけです。

     

     

     

    そして、ニオイを消す消臭成分が配合されていなければ、洗っても再度臭ってきます。

     

     

     

    軽度のすそわきが臭(ワキガ臭)や生理の時だけ臭いが強い人であれば、陰部専用(デリケートゾーン専用)のボディソープだけでも大丈夫かもしれません。

     

     

    外出時にする対策

     

    私の場合はそれでも不安なためデオドラント(体臭や汗の臭いを防いだり、取り除いたりする薬剤)も使用しています。

     

     

     

    汗臭い程度ならドラッグソトアで売っている製品でも大丈夫ですが(デリケートゾーン専用は見かけませんが)、すそわきが臭となるとワキガ臭と同じ原因なので、ワキガの原因菌に対して有効な成分が配合されていないと意味がありません。

     

     

     

    私はそんなことも知らずに、ワキガ対策に制汗剤を脇にスプレーしていました。ニオイが防げるわけはありません。制汗剤は「汗をかいた後の臭いを抑えるアフターケアタイプが殆んど」だからです。

     

     

     

    ニオイを抑える効果が高い有効成分が配合されていないと期待通りにはならないんですね。以下の2つの成分が配合されていることが条件の人るとなります。あとは、製造会社によってプラス配合される成分が違ってきます。

     

    • 原因菌に期待できる成分
      • イソプロピルメチルフェノール(シメン-5-オール)
      • 塩化ベンザルコニウム

    • 制汗効果が期待できる成分
      • 塩化アルミニウム
      • パラフェノールスルホン酸亜鉛

     

     

    今では、ニオイの不安から解放されるいい製品が出ているので利用する手はありません(^o^)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

トップへ戻る