すそわき対策で必要なのは長時間の消臭方法

 

 

こんにちは、陰部の臭い対策.bizサイト運営者のちえみです(^^)

 

 

陰部(デリケートゾーン)の臭いのお手入れですが、まずはどーしたらいいかわからない^^;というのが最初でした。

 

 

汚れている部分なのでよく洗って清潔にするくらいはわかったのですが。。。

 

とにかくお気に入りのボディソープでゴシゴシと洗っていました。そしてデオドラント製品(汗の匂いや体臭を防いだり、取り除いたりするもの)も欲しかったのですが、なにしろ陰部(デリケートゾーン)なので、脇につけるものを使用して、痒くなったり腫れたりしたら大変なので、悩みました。

 

 

いろいろ調べていくうちに、普通のボディソープの使用、ゴシゴシ洗いはNGとのこと^^; よけいにクサイ臭いを強くしてしまうということがわかりました。

 

私のように、逆対策にならないようにすそわきがの正しい対策方法でニオイケアしましょう。

 

 

 

すそわきがの消臭効果を持続させる方法はある?!

 

すそわきが,臭い,対策,デリケートゾーン

 

ニオイを気にしだすと、臭ってないのに臭ってるような気がして、精神的にも良くないですよね。できるだけ長時間臭わない方法はどうしたらいいのかということです。

 

 

すそわきが(陰部のワキガ臭)のニオイの原因は特有の汗と菌からなります。人の汗が出る器官は2種類ありますが、アポクリン汗腺(かんせん)から出る汗と皮脂腺の分泌物が混じり合ってそこに菌が作用して独特のワキガ臭が発生します。

 

 

人間の皮膚全体には「皮膚常在菌(ひふじょうざいきん)」という菌が住み着いているのですが、ワキガ臭を発生させるのはコリネバクテリウムキセロシス(ジフテロイド菌)になります。長い名前ですね^^;

 

 

すそわきが(陰部のワキガ臭)の人は、コリネバクテリウムキセロシス菌が多いということになります。ワキガ体質でない人は、善玉菌(表皮ブドウ球菌)のほうが多いようで、汗臭いほうが強くなります。

 

 

その菌をなるべく抑える抗菌効果のあるデオドランドを使う事が基本となります。

 

 

 

自分でできるすそわきがのニオイ対策

 

すそわきが,臭い,対策,デリケートゾーン

 

すそわきがのニオイはどこからするかというと外陰部(がいいんぶ)から発することが多いと思います。図の位置のIラインの部分です。

 

そして、ナント!肛門(Oライン)にはアポクリン線が集中してあるので、肛門付近からもニオイを発します(T_T)

 

おりもののニオイや膣内の菌繁殖によるニオイとは違います。

 

原因はアポクリン腺から出た汗と菌などと混ざる事で陰部のワキガ臭が発生するので、対策としては次のようになります。

 

  • 皮膚の善玉菌(表皮ブドウ球菌)を増やす
  • すそわきがの原因菌を殺菌する
  • アポクリン腺から出る汗の量を減らす
  • 食事の見直し

 

 

皮膚の善玉菌(表皮ブドウ球菌)を増やす石鹸を使う

 

「表皮ブドウ球菌」は「美肌菌」と言われるように、保湿成分となる「グリセリン」に似た成分を生み出して肌の潤いを保ちます。

 

 

石鹸が「表皮ブドウ球菌」を増やすわけではないのですが、陰部(デリケートゾーン)専用の石鹸を使用することにより、皮脂や美肌菌自体をへらすことを防ぎます。

 

 

一般の石鹸はアルカリ性で、汚れはよく落ちるのですが乾燥へと傾きます。その上に、私のようにゴシゴシと洗ったら皮脂も美肌菌も削ぎ落とし、逆に必要以上に皮脂が出て、臭いニオイに繋げてしまうことになります^^;

 

 

陰部(デリケートゾーン)専用の石鹸やボディソープは肌の性質に近い「弱酸性」になっていることと、保湿剤なども配合されていることで肌の健康を保ってくれます。

 

 

すそわきがの原因菌を殺菌できるデオドラント製品を使う

 

すそわきが(ワキガ体質)の人は、ワキガ菌といわれるコリネバクテリウムの数が多いので、その菌を殺菌できる成分が配合されたデオドラント製品がおすすめです。

 

 

アポクリン腺から出る汗の量を減らす

 

アポクリン腺を抑える効果のある成分として、パラフェノールスルホン酸亜鉛(別名:フェノールスルホン酸亜鉛)があります。

 

食事の見直し:すそわきがの臭いを悪化させる食べ物がある?

 

動物性脂肪を多く含むもの、刺激物、カフェインと言われています。特に、動物性の脂を多く含むお肉などを過剰摂取していると皮脂腺からの脂質の分泌量が増えてすそわきがの原因であるアポクリン汗腺を刺激してしまいます。

 

その結果、ニオイを強めてしまいます。

  • 動物性脂肪を多く含むもの

牛、豚、羊といった肉、鶏肉、卵、バター、ラード、乳脂肪の含まれる牛乳、チーズ、アイスクリームなど

 

  • 刺激物

唐辛子、にんにく、コショウなどの香辛料

 

  • カフェイン

コーヒー、紅茶、緑茶、ウーロン茶

 

また、ファーストフードやジャンクフード、コンビニ弁当など添加物が多い食品もニオイを強めます。

 

こうしてみると、私達の食事は体臭を強くするような食事になってしまっています。全部、排除したら食べるものがなくなるくらいの勢いです^^;

 

食事に関しては、偏って食べない、ほどほどにということですね。

 

すそわきが,臭い,対策,デリケートゾーン

 

まとめ
ニオイを軽減できたなと実感できるのは、やはり清潔さを保ち、すそわきがに有効なデオドラント製品を使うことです。歯を磨いたり、顔を洗ったりするのと同じように、陰部(デリケートゾーン)のケアをしていけば、安心した毎日が送れます♪


トップへ戻る