すそわきがってアソコの毛を剃れば治るのか?

 

 

こんにちは、陰部の臭い対策.bizサイト運営者のちえみです(^^)

 

「クサイ!」と言われるのは、「ブス!」と言われるより私は傷つきます(TдT)特に陰部が臭うとなれば、尚の事。

 

臭っているのではないかと思うと、車の中や狭い部屋の中ではドキドキします。というか、変な汗が出てきて悪循環でした。

 

陰部のニオイ対策のひとつにアンダーヘアを剃る(脱毛)といいということがあるということを知りました。

 

ニオイと毛は関係するのでしょうか?

 

 

すそわきがと陰毛との関係

 

 

すそわきが,すそわきが 毛を剃る,臭い,対策,デリケートゾーン

 

すそわきがとワキガの原因は一緒で、限られた箇所にある「アポクリン汗腺」という汗腺から出る汗がもとになっています。アポクリン汗腺の分布が多い場所は脇・乳首・陰部・肛門・耳の中・へそ周辺です。

 

 

毛が生えてくる場所にアポクリン汗腺があるということがわかりますね。

 

 

汗が出た直後は無臭でなのですが、この汗を雑菌がエサにして繁殖します。その結果、雑菌は老廃物としてニオイを発します。

 

 

また、アポクリン汗腺は誰にでもあるのですが、ワキガのある人はない人に比べてその数が多いのが特徴です。

 

 

アポクリン汗と体毛が一体なっているというのは、ちゃんとした意味があるようです。それは、ニオイが性的信号として働いていた時(進化前の人間のアポクリン汗)、脇毛や陰部の毛が溜めておいたニオイを発散させる働きをしていたようです。

 

 

ニオイは毛を伝わってより遠くまで拡散していったということです。

 

 

人間がサルであった頃、子孫を残していくためには、性周期の短い期間にメスはオスを魅きつけるニオイを発していたのです。フェロモンのような役割だったのですね。

 

 

今ではそのニオイは悪臭となってしまいましたが。。。。

 

 

ニオイは毛を伝わって拡散するので、やはり毛を剃るか脱毛するかということはニオイを軽減できるということになります。

 

 

ただ、すそわきがは病気ではないので、毛を剃ったからといってすそわきがのニオイがまったくなくなるわけではありません。

 

 

完治させる場合は、剪除法(せんじょほう)で皮膚を切開してアポクリン腺をとればいいようです。また、軽度の人なら電気凝固法・ボトックス治療・レーザー治療でかなり良くなるといわれています。

 

 

私は、怖がりで痛いのは絶対にイヤなので、正しい陰部の洗い方とデリケートゾーン用のクリームで安心した毎日を過ごしています。

 

 

 

 

陰部の毛の処理のメリット

 

 

すそわきが,すそわきが 毛を剃る,臭い,対策,デリケートゾーン

 

陰部のニオイの原因は、「雑菌の繁殖」と「スソワキガ(陰部のワキガ)という体質」の二つが考えられるため、陰部の毛の処理をすれば、陰部のムレがなくなったり、汗や菌が付着しにくくなるので悪臭対策には効果的です。

 

 

「雑菌の繁殖」は陰部に尿のふき残しやオリモノ、生理の経血などが雑菌の栄養になっている場合があります。

 

 

また、「すそわきが(陰部のワキガ)という体質」の場合は、陰毛が臭いを放っている原因になっているので、ムダ毛処理は有効です。

 

 

それでムダ毛処理なのですが、足のムダ毛を剃るようにはいかないですよね。アンダーヘアの処理方法としては、自宅でのセルフ処理と、皮膚科や脱毛サロンで行う方法に分かれます。

 

 

アンダーヘアの処理方法の種類と注意点

 

カミソリ、シェーバーでの剃毛処理

 

カミソリや電気シェーバーは、手軽で簡単・一度に広範囲を処理できるというメリットがありますが、肌への負担が大きく、伸びてきた毛先がチクチクするというデメリットがあります。

 

処理後のチクチク防止にムダ毛を丸くカットしたい場合は、ヒートカッターの方がいいですね。

 

また、すぐに毛が生えてくるために頻繁に行わないといけないため、かゆみや黒ずみ(色素沈着)をおこしやすくなります。

 

除毛クリームでの処理

 

除毛クリームは塗るだけなので手軽なのですが、毛を溶かす作用のある強い薬剤のため、陰部には不向きです。

 

 

ブラジリアンワックス

 

 

粘着力のある脱毛用のワックス剤を塗った後、ワックスを一気に引きはがすことで、毛根から引き抜いて処理できます。

 

 

即効でキレイに処理できるのですが、痛いのと無理に毛根から引き抜いてしまうため、「埋没毛」(まいぼつもう)といって皮膚の下に埋まったまま毛が成長して黒いプツプツ状態になります。

 

放っておくと「色素沈着」を起こしてしまう可能性があるようです。

 

 

自己処理の場合は、毛の長さの調整くらいしかできないということですね。

 

毛の量も多く、剛毛で自分ではキレイに処理できそうもないという人には、レーザー脱毛や光脱毛がおすすめの方法です。自分では処理しづらい部分もキレイに脱毛でき、ムダ毛のチクチクに悩まされることもありません。

 

 

「すそわきが」や、お尻の肛門周りのワキガである「シリガ」はムダ毛の処理をしたからといって不快なニオイが完全になくなるわけではありませんが、効果はゼロではありません。

 

 

また、衛生的にも処理をしておいたほうがいいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る