このページの先頭へ

女性の陰部の臭い対策はどうしたらいいの?

 

 

陰部,臭い,対策,デリケートゾーン

「お姉ちゃん、いつもなんか臭うよ」と言われたのをキッカケに、「自分って臭うの??」が始まりで体臭に敏感になりました。

 

 

「汗をかけば誰でも臭うでしょ」と思っていたのですが、どうやら私の場合は汗の臭いとは違う「ワキガ」独特の臭いだったのです。

 

 

それからというもの、脇の臭いを「クンクン」するのが癖になってしまいました。さらに悲しいことに「もしかして、あそこのニオイ?がする???」もう気になりだしたら居ても立ってもいられなくなり。。。。。

 

 

 

はじめまして、陰部の臭い対策.bizサイト運営者のちえみと申します。自分の臭いってなかなかわからないですよね。女性器のニオイはくさいモノだと思っていたので、自分の陰部の臭いは一般的でみんなと一緒だよね~くらいに思っていました。

 

 

 

陰部,臭い,対策,デリケートゾーン

 

「陰部」がクサい疑惑になったのは、彼とのエッチの後、におったのです。自分のワキと同じような臭いが。

 

 

 

下も同じようにワキガになることがあるの???もう、ショック!!で、なんとかしないと彼との関係が危ういと思ったら、人生!これ以上集中したことがないのではないかと思うほど陰部の臭いを改善する方法を調べました(^_^;)おかげで今では、陰部のにおいの不安から解消することが出来ました。

 

 

 

このサイトでは、陰部の臭いが気になっている、早く解決したいけどどうしたらいいかわからない、効果のあるデオドラント(体臭や汗の臭いを防いだり、取り除いたりする薬剤)製品の選び方や普段の陰部の洗い方など、アソコのニオイをどーにかしたい!と、同じような悩みをお持ちの方は是非ご参考にしてください。

 

 

陰部のニオイ対策の一番大事なこと

陰部,臭い,対策,デリケートゾーン

女性の陰部はどうしても高温多湿で雑菌が繁殖しやすい環境です。だから女性のアソコは少なからずともみんなくさいに決まってると思っていました。人と話す内容でもないし、逆に「自分のアソコがクサいんだけど、どうしたらいい?」などど相談できるわけもないし(^_^;)

 

そして、何といっても彼とのエッチのときに『陰部がにおう』なんて最悪です(-_-;)
メイクもファッションもばっちりなのに、アソコが臭いのでは。。。。

 

 

「自分が男だったらやっぱり、引くかな~」「そして、早く気がついて何とかしてくれないかな」と思います。男性としては面と向かって、「お前のアソコ、くさいよ」なんて言えないでしょうし、逆にそんなこと言われたらショックだし、彼との関係もおかしくなりますよね。

 

 

やはりここは、陰部のニオイ対策をするということが相手に対してのエチケットとしてケアする必要があると思います。

 

 

とにかく女性の陰部はジャングルのように高温多湿ですから、蒸れない事、清潔にする事で雑菌の繁殖を防ぐことができます。

 

 

特に注意することは、『陰部の正しい洗い方』にあります。

 

 

「え~、アソコの正しい洗い方って!正しいとか正しくないとかって何、ソレ。。。」と誰しもが思いますよね。私もそうでした(*´ω`*)でも、言われてみれば簡単に済ませてました。

 

 

では、どのようにすると臭いを極力減らすことが出来るか?

 

 

「優しく」「デリケートゾーン(陰部)専用石鹸を泡立てて」「手で洗う」

 

 

女性の性器は複雑な構造なため、ただ表面だけを洗っていてもきれいにはなりません。ヒダのところ(大陰唇と小陰唇の溝)に恥垢(ちこう)といって膣から出る分泌物や尿が混ざり合って汚れの塊ができ、悪臭を放っていく原因になります。

 

 

陰毛のあとクリトリス、性器部分から肛門へという前から後ろの順番で洗っていきます。また、陰毛が多い人は臭いや湿気がこもりやすくなるため、においの元を絶つということでも、適度な短さに陰毛をカットするといいようです。

 

洗い方も重要なのですが、「デリケートゾーン(陰部)専用石鹸《弱酸性》」を使用するということも臭いを改善する上で大切になります。

 

 

 

 

けれども、ほとんどの人はお風呂で体を洗うときには、お気に入りのボディシャンプーを使っていると思います。わざわざ、「デリケートゾーン(陰部)専用石鹸《弱酸性》」なんか使わないですよね。けれどもお気に入りのボディシャンプーで洗っていると以下のような悪循環に陥ります。

 

 

通常のボディソープで洗う⇒⇒⇒強い洗浄力で刺激が強すぎアルカリ性に傾むく⇒⇒⇒洗いすぎになる⇒⇒⇒皮膚の乾燥⇒肌を保湿しようと皮脂と汗を分泌⇒⇒⇒雑菌が繁殖しやすくなり臭いの原因に

 

 

基本的には清潔に保つ工夫が大切です。ただ、これだけでは臭いを防ぐことができないのが「すそわきが」というものです。

 

 

「すそわきが」だったらどうするか

陰部,臭い,対策,デリケートゾーン

 

「すそわきが」というのはわきがのアソコ版です。わきがと同じで、なんとも言えぬ独特のニオイを発します。すそわきがのニオイのもとは、外陰部にあるアポクリン汗腺から出る汗が原因です。

 

 

 

アポクリン汗に含まれる脂肪や尿素、アンモニアなどの成分が皮脂腺から分泌される脂肪酸と混じり合い皮膚に常住している細菌のエサとなり分解されます。このときに、独特のニオイを発します。

 

 

 

わきがは病気ではなく、体質的なもので遺伝的要素が影響しているようです。私の場合はわきが体質のため「すそわきが」かも?と悩みました。明らかにわきがと似たような臭いがしたのでどうしたら治るのかと気分が落ち込む毎日でした。

 

 

 

わきが体質の人はアポクリン汗腺の数が多いようで、数が多ければ、それだけ分泌される汗も多くなり、ニオイも発生しやすくなるということです。

 

 

 

名前はカワイイ「アポクリン汗腺」ですが、やっかいなのは「アポクリン汗腺」は性的な興奮によって刺激されるため、特に女性はエッチの後に「すそわきが」のニオイがきつくなることが多いようです。アポクリン腺はフェロモンの様な役割があるためだそうです。

 

 

 

なんとしてでも陰部のニオイケアをする必要があるということだと思います。陰部の「アポクリン汗腺」は脇ほど発達してはいないということなので臭いケアグッズで対策を取れば臭いを抑える事は可能です。

 

 

においを改善できる生活習慣

 

まずは、普段の生活の中でできる対策として汗や汚れを落とすということが重要になります。

 

  • デリケートゾーン(陰部)専用石鹸《弱酸性》で洗う
  •  

  • 陰部の正しい洗い方でていねいに洗う
  •  

  • デリケートゾーン対策のクリームで毎日ケアする

 

また、食事内容もにおいに影響します。肉類や卵、乳製品中心、辛いもの、アルコールが大好きという人はにおいの原因になるので食事も気をつけたほうがいいようです。

 

 

正しい方法で陰部のケアをしていけば、臭いは軽減できるので大丈夫です(^^)

 

 

 

陰部,臭い,対策,デリケートゾーン

お出かけ前のニオイケア

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る